ITEM

香川漆器 漆器山富 14.給仕盆(羽反)チスジコマ 9寸

[漆について]
漆の木は日本をはじめ、東アジアや東南アジア地域に自生しています。幹に傷をつけ、流れ出てくる白っぽい樹液を集めて精製したものが漆です。漆は樹齢10年以上の漆の木からとり、1本の木から1年間で200g程度しかとれず、大変貴重です。漆を塗って磨くとみずみずしい美しさが現れてきます。

日本では古くから漆が使われていましたが、特に明治時代に入りヨーロッパで日本の漆器の人気が高まると、政府は殖産興業として漆器の輸出に力を入れ、「japan」が「漆・漆器」の意味をもつほどになりました。

[香川漆器について]
香川の漆芸は200年近くの歴史があり、独自の技法で箸や椀などの生活漆器から高級家具、美術工芸品に至るまで様々な漆器が作られています。漆芸に適した土地柄でないにもかかわらず、香川県が漆工芸の産地になったのは、江戸時代後期、高松藩の玉楮象谷の功績によるものです。

象谷の始めた蒟醤、存清、彫漆の三技法に加え、高松藩士であった後藤太平の始めた後藤塗、真菰の粉をまいて仕上げる象谷塗を合わせた五技法が、1976年(昭和51年)に国の伝統的工芸品の指定を受けました。

[漆器 山富について]
山下富三郎さんが創業し、現在で創業から97年。木地から漆塗りまで一貫して自社で行っている、数少ない漆器屋さんです。大正元年に三木町の木工所で修行したのが始まりでした。生地部門、漆塗り部門、家具部門と合計20人ほどの職人を擁し、漆塗りの家具も製作しています。

こちらは独楽塗(こまぬり)のお盆です。
独楽塗はろくろのひき目に沿って赤・黄・黒などの漆で同心円状に色分けして塗り模様としたものです。
香川の家庭に1つはある、生活の中でなじみ深い漆器のひとつです。

<サイズ>直径26.3cm 高さ2cm
<つくり手>漆器 山富

こちらの商品は店頭にて同時に販売しております。 ご注文いただいた後に在庫状況を確認いたしますが、売り切れなどにより商品をお届けできない場合は、ご連絡いたします。何とぞご了承ください