ITEM

古式畳

古くには座具として用いられ、薄手で、重ねたり折りたたんで使っていましたが、現在の形になるのは平安時代のことです。 貴族文化や生活様式を土台として作られた畳で、京都では有職畳(ゆうそく)と呼ばれます。これが江戸時代に入り讃岐に伝来し、古式畳になったとされています。 古式畳は縁に特徴があり、紋縁という図柄を決まりに則り畳に仕上げていきます。 現在の需要の多くはお寺。 宗派により形、縁図柄や寸法も定められているそうです。



WEBショップ未掲載商品の通信販売について

店舗取扱いの商品で、WEBショップに未掲載のものをご希望の際は、 お問い合わせフォームをご利用下さい。
在庫確認の上、ご連絡差し上げます。

全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています